脱毛の種類とそれぞれの特徴

毛抜きやテープ、ワックスなどの一時しのぎの脱毛方法は、毛包や毛母細胞の働きは停止しないでの処理を繰り返さなければならない

脱毛を大きく分類すると、一時しのぎの方法と永久効果の得られる方法とに分けることができます。一時しのぎの方法には実に様々な種類があり、毛抜きやテープ、ワックスがよく利用されています。脱毛の種類自体は豊富ですが、仕組みはどれも似たようなものであり、単純にムダ毛を引き抜いているだけです。毛根からムダ毛を抜き取っても毛包や毛母細胞の働きは停止していませんので、処理前と変わらず生えてきます。ですから、痛い思いをして処理をしても再び抜かなければなりません。

毛穴に特殊な細い針を刺し込み、微弱な電流を流して毛母細胞を死滅させる「ニードル脱毛」

永久効果の得られる方法のうち歴史があるのはニードル脱毛です。この施術では毛穴に特殊な細い針を刺し込んで、そこに微弱な電流を流して毛母細胞を死滅させます。時間はかかりますが、効果の高さでは群を抜いています。
痛みを伴う方法ですので、必要に応じて麻酔を使用してもらうと良いようです。

「レーザー脱毛」は、医療行為で、痛みは小さく一照射で数本ずつ処理を行うことができる効率の良い方法

次に出てきたのはレーザー脱毛です。レーザー脱毛はクリニック等の医療機関で行われており、医療行為ということで高い出力で処理が行えます。ピンポイント照射に近い方法でありながら一照射で数本ずつ処理を行うことができますので、効率も良い方法です。
痛みはニードル脱毛と比べるとずい分小さくなっています。一度でもニードル脱毛を受けたことのある人なら、その痛みの小ささに驚くはずです。しかも、照射は個々の肌状態や毛質等の様々な面を考慮して細かな調整を行ってくれますので、安全な範囲で最大限の効果を得ることができます。

費用的にももっともリーズナブルで、痛みの小ささだけでなく美肌効果も得られる「光脱毛」

更に痛みの小さい方法は最近主流になりつつある光脱毛です。この施術の特徴は痛みの小ささだけでなく美肌効果が得られる点です。照射を行うと潤いが蘇ったり毛穴が小さくなったり、赤みが解消されたりしますので、自己処理で傷ついた肌を改善したい時にも利用できます。費用的にももっともリーズナブルであり、キャンペーンを利用すれば更にお得に受けられます。照射の出力は若干弱めですのでレーザー脱毛と比べると終了するまでにかかる期間は長くなりますが、その分肌への負担も小さいので敏感肌の人でも安心です。

これらは専門の施設で行われている施術ですが、最近では家庭用の脱毛器でも同じような効果が得られるようになっています。ただし、出力はかなり抑え目に設計されていますので、同等の効果を得ようと思うならたくさんの回数の照射を行わなければなりません。また、肌の管理も自己責任ですのでアフターケアも万全にする必要があります。