永久脱毛と一時的な脱毛の違い

毛抜きやテープ、ワックス、ローラー回転式の脱毛器などの脱毛方法は、一時しのぎなので再び処理が必要

永久脱毛と一時的な脱毛との違いは、ムダ毛が再生するかどうかです。再生してくる方法は一時しのぎの方法ですので、その後も処理を繰り返さなければなりません。一時しのぎの脱毛法は一般的に安価であり、頻繁に処理を行っても費用的な負担は大きくありません。しかし、肌への負担は大きいので、長い間行っているとダメージが蓄積されて皮膚トラブルに発展するケースもあります。

一時しのぎの方法でよく利用されるのは、毛抜きやテープ、ワックス、ローラー回転式の脱毛器です。この中で毛抜きはほとんどの人が利用したことのある方法であり、小さいのでどこへでも持ち運べます。一つあれば好きな時に処理が行えるので便利ですが、手の届かない範囲は行えません。テープやワックスは一度に広範囲の処理を行える方法であり、時間がない時に便利です。特にテープは待ち時間がありませんので、出かける直前に処理のし忘れに気付いても間に合います。ワックスは最近ではエステサロンなどでも行われるようになっており、肌表面の古い細胞を取り除くことで代謝を高めると言われています。これらはどんなに優れた方法であっても、一時しのぎですので再び処理を行うことになります。

肌中のコラーゲンを生成させて美肌に導く働きのある光照射を行う永久脱毛が主流になっている

肌がムダ毛処理以外の原因であっても荒れている時には大きな負担になり、更に酷い症状を引き起こす可能性もあります。肌を健康に保ちたい時には、永久脱毛を行ってしまうのが一番です。
最近主流になっているのは光照射を行う方式であり、肌中のコラーゲンを生成させて美肌に導く働きもあります。光照射とレーザー照射を行う施術は仕組み的には似たようなものであり、ムダ毛の黒いメラニン色素に反応させて毛包や毛母細胞にダメージを与えていきます。照射を行った後すぐにムダ毛が抜けるわけではなく、数日間かけて少しずつ抜けていきます。直後に抜けるムダ毛もありますが、それは熱の力で飛び出ているものであり、その場合も正しい反応は得られています。

それ以外のムダ毛は抜けずに伸びているように感じてしまうことがありますが、実際には肌細胞の働きによって皮膚の上の方へと押し上げられているだけです。毛母細胞自体は働きを止めていますので、成長することはありません。一度ムダ毛の再生組織の働きをストップさせれば、その毛穴からムダ毛が生えてくることはありません。役目を終えた毛穴は少しずつ小さくなって目立たなくなりますので、キメの整った美しい肌を手に入れることができます。